ナースの最近のブログ記事

注射にも上手、下手がある?

 若い頃、事務職員として小さな病院に勤めていました。当時、近辺には、私が勤務する所を含めて3軒の同じ位の規模の病院がありました。その中でも、我が勤務先の看護師さんたちは一番注射が上手だと評判でした。本人たちもそれが自慢だったようです。健康だった当時の私は、注射にそんなうまいの下手のがあるのかと、疑問に思っていました。

 その病院を退職して数年後、ある病気を発症し、今度は自分が患者として病院に通う身になりました。通院先は、かつての勤務先とは別の、専門の医師がいる大きな病院でした。そして、治療のために毎回注射を受けることになりました。注射をすることになったその時、初めて注射の違いがわかりました。看護師さんによって、痛さが違うのです。

 そういえば、注射がうまいと言われていたかつての同僚の看護師さんたち。事務職の私たちは、冗談半分に「みんな性格がキツくて、注射もグサッといくから痛く感じないんだよ」なんて言っていたものですが、実際、一理あるかもしれないと思いました。痛いと感じる看護師さんは、「痛くてごめんなさいね」と言いながら、とっても優しくそろそろと針を刺すのです。そうすると、痛く感じるのです。反対に、「さあ行きますよ」と言いながら、スッと針を刺されると、一瞬のことで痛みを全然感じないのです。性格の良し悪しはともかく、注射など医療処置には躊躇をしない、的確な動作が大事なんだと思います。そう、かつての同僚看護師さんたちは、確かにそれぞれ個性的ではありましたが、愛すべき皆さんでした。

看護師になるべきと勧められて

知り合いの看護師さんに看護師はいいよ~なると一生困らないよ~と勧められたことがあるんですが本当にそうみたいですね。

何でも、看護師になるための国家試験に合格さえすれば、年をとっても看護師として働くことができるうえ、その職場は山ほどあるそうなんです。

ありとあらゆるタイプの職場、仕事内容があって一生何度でも転職することもできるし、同じ場所でどんどんキャリアアップして給料アップしていくこともできるそうです。

普通の会社で働くOLさんだと結婚して妊娠となると長期育児休暇になってその後でも会社から復帰を望まれるケースってなかなかないのに、看護師さんの場合は職場からラブコールで気持よく復帰できてまたバリバリ働いて稼げるんですよね。

年をとったから職場で肩身が狭い・・若い子ばかり優遇される・・

みたいなよくある会社の悩みとも無縁みたいですし羨ましいです!

年をとってもずっと気持ちよく働ける職業って貴重ですよね。

とはいえ、子供が小さいうちは仕事量を減らしたい看護師さんも多いですよね。

でもそんな時も何の心配もいらなくって、非常勤の看護師さんとして働けるんですよ。

そしたら夜勤もなくて働く時間も自分で選びやすいみたいなので凄く助かりますよね。

しかも主婦の一般のパートと比べたらかなり高い時給がもらえますから、そういう話を聞くと確かに看護師の資格をもっていれば一生困らないなぁ、私も頑張ってとっておけばよかった、いや今からでも頑張るべきかなぁ、なんて考えちゃいました。

看護師さんのお給料などについて

看護師をやっている友人から聞きましたが、看護師のお給料ってかなりいいらしいですね。

もちろん職場によっても全く違うと思いますが、病棟勤務となるとほとんどの看護師が同年代のOLよりずっと多く稼いでるそうです。

年収の額だけ聞くと、いいなぁ~って他の友達もみんな言ってて、心底羨ましがってましたが、彼女からしたら私達の方が羨ましいらしいです。

夜勤続きで肌が荒れっぱなしで小じわが増えてきたと嘆いてました。

確かにこの間会った時も疲れた顔してました。目のくまも酷かったし・・やっぱり忙しすぎるし、ストレスもひどいみたいだから美容によくないのかなぁ・・

とはいえそのお給料の良さのおかげで高い化粧品も買えるし、アンチエイジング製品を私達の2倍くらい購入できるので結局若くいられるのでは?とも思います。

実際この間その看護師の友人はエステに初めて行って来たそうです。

エステに無理なく通えるほどの高給!凄いですよね~

クリニック勤務の看護師だと夜勤がないところが多いそうですが、それでも美容外科の看護師ならば高給のままだそうです。

しっかり休めるのに給料もいいままなら、みんなそこで働きたがるのでは?って思っちゃいましたが、やはり大変であっても病人の看護をしたい、という崇高な看護師さんも多いみたいです。

そして病棟勤務だとやりがいや充実感が一番ある上、技術が磨いていけるところがいいらしいです。クリニックだと仕事が楽な分覚えることも少なく身につけた技術も使うことがないので錆びついていっちゃうらしく、やっぱりそれぞれメリット・デメリットあるんだなぁと思いました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちナースカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。